スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と知らないCBTの基本事項

2012年03月23日 16:13

簡単にまとめてみました。


① 試験時間
全部で6ブロックあり、1ブロック当たり60分です。つまり計6時間です。
うちの大学の場合、ブロック毎に10分の休憩(昼休みは約1時間)がありました。

時間が不足することはまずありません。
6ブロックのみ次の問題に行くともう前に戻れないため、時間配分を考える必要があります。


② 問題数
・1~4ブロック 60問(1分/1問)
・5ブロック 2×20問(3分/2問)
・6ブロック 4×10問(6分/4問)

合計320問ですが、そのうち80問は新作問題のため採点対象外となります(次年度以降の正答率算出のための問題)。


③ 各ブロックの詳細
・1~4ブロック 選択問題(5択)
・5ブロック 2連問
・6ブロック 4連問

1~4ブロックにおける、各ブロックの問題の内容は公表されていませんが、概ね下記の通りとなっているようです。
・1ブロック A,B,C問題
・2ブロック D問題
・3ブロック D問題
・4ブロック E,F問題


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shoecreams.blog77.fc2.com/tb.php/750-b2b8864d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。