スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学士編入試験について-08

2008年12月02日 23:11

1.3.情報収集・分析について
1.3.1.どのように情報の精度を高めていくか。

 これまでも述べてきた通り、時間的にも精神的にも余裕の無い再受験にとって、正しく情報収集・分析を行うことは極めて重要です。特に、学士編入の試験分野・傾向や、学士・一般共に年齢差別に関する情報は、分析を誤ると致命的です。年齢に関しては受験する意味そのものが無くなる可能性があるため、一層重要です。また、この2つの情報は正確な情報が公開されていないケースが多いため、この意味でも得た情報を鵜呑みにすると自滅してしまうため注意が必要です。
 情報の収集・分析方法は各人の方法があると思いますので、参考に私の例をご紹介します(と言ってもそんな大層なものではありませんが・・・)。なお、これらの方法は受験に限った話ではなく、仕事でも私生活でも共通する手法だと思います。また、方法論についてはビジネス書でその手の本がよくありますので、それらを参考にするのも良いと思います。


①収集
 私の場合、まず初めに真贋関係なく量を集めます。web検索でも合格体験記系の本でも手当たり次第です。今の世の中、googleで検索するだけでも、キーワードを工夫すればかなりの量の情報が入手可能です。例えば「学士編入 再受験 年齢差別」というキーワードでは、「○○大学の今年の合格者には30代の人がいたらしい」という記載のサイトを拾ってくることができません。その場合は、この文面の周囲も含めて使用されている可能性の高い語句「医学部 再受験 合格 年齢」で検索すれば出現する可能性が高くなります。また、群馬大学の年齢差別による裁判のように関連する事実が存在する場合、このキーワード「群馬 再受験 医学部 年齢 裁判(or訴訟)」に加え、年齢差別がある/ないが比較的はっきりしている大学「杏林 東海 慈恵」等のキーワードを組み合わせれば、医学部の再受験と年齢差別に興味がある記載を見つけられる可能性があります。もちろんこれらの方法で得た情報の信頼度は高いとは言えませんが、この段階ではOKです。


②分析
 収集した情報は、客観的な事実、主観的な事実、推測、ゴミに4分類されます。客観的な事実は大学が公表した情報など。例えば日医の2008年度時点での新入生最高齢が45歳という情報は客観的な事実です。こういうガチな情報が分析の軸になります。次に主観的な事実は、個人Blogの合格体験記です。この記述もそうですが、勉強方法などを紹介されているページがあります。それらの記述は当人にとっては事実ですが、周囲の人々にとっては事実或るいは有効ではない可能性があります。おすすめ参考書を使ってみたら自分には合わない、というケースですね。こういった情報は情報分析の材料の1つとして採用しますが、相反する情報の有無確認や、事実であることの補強をする必要があります。3つ目は推測です。私人法人問わず評論的な情報、2ちゃんのまじめな板など、断片的な事実を元に意見を述べているものです。事実確認が取れていない大学の裏金の有無についての情報などがこれに該当します。これらの情報は真実かもしれませんし嘘かもしれません。しかしこれらの情報も無意味ではなく、関連するキーワードを得られたり、主観的な事実の補強(その事実の信頼性を高めること)ができる可能性があります。また、複数ソースによる複数からの同意見があれば、その情報は真実である可能性が高まってきます。ただし、同一ソースを基にどれだけたくさんの同種意見があっても、それは単なるコピーに過ぎません。最後にゴミはゴミです。釣りに惑わされないことが肝要です。

 このようにして収集した情報を分類し積み重ねていくことで、推測は事実に、事実はより確固とした事実に昇格させていくことにより、最終的に自身で判断する必要があります。誰かが断定的に書いていてもそれが正しい保証はありませんが、その結果は情報を鵜呑みにした各人が受けることになります。
 このような情報収集・分析に時間をかけることは無駄だと思う方もいるかもしれません。しかし、この作業如何でその後のアクションにかかる時間が半減すると言っても過言ではありません。無駄な事をしないというのは、勉強に限らず仕事をする上でも重要なことです。また、これらの分析を行うことで、知らず知らずのうちに周辺の情報も身に付いていきます。そういった情報が案外小論文やGD、面接等で役に立つこともあります。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shoecreams.blog77.fc2.com/tb.php/60-13182577
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。