スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3%と0.3%

2010年04月13日 22:13

3年生になってグループワークの授業が多くなったんですが、どうもあまり身になっていないよう気がしてなりません。。。あと最近同級生お尻とか太ももを触られるというセクハラを受けているshoeですこんばんは。




何をしている時か忘れてしまったんですが、こないだ3%と0.3%の話を久しぶりに思い出しました。就職活動をしていた頃、ある人から聞いてはぁーと思った話です。

0.3%というのは、何かを為して成功するために越えなければいけない壁だそうです。つまり自分が何かの分野や技術で勝負をかけたいと思った場合、1000人いたらトップ3に入ることがその領域のプロフェッショナルの条件であり、そこを目指していく向上心が必要であるということです。

そして3%というのは、どんな分野でも(自分の苦手な分野でも)、努力次第で乗り越えられる壁だそうです。100人いたらトップ3、倍率なら33倍、いずれにしても「何をするにしても最低限のラインをそこに置く」ことが、何かを為す人間にとって必要な向上心であり矜持であるということです。

つまり、得意分野におけるボトムを3/1000、不得意分野におけるボトムを3/100に設定しなさいという事なのですが、最初この話を聞いた時そんなの無理だと思った記憶があります。ただ、あれから結構な年を経て、3%の方は何となく分かってきた気がします。別にどんな分野でも上位3%に入れる優秀な人間になれというのではなく、どんなことでも考え方や工夫次第でそのあたり(上位3%)までは極められるという事ではないかと思います。

徹底的に物事を考える事と、それに必要な情報を集める事の2つは、何かをする際に必ず必要になってくることだと思いますが、そういったcommon skillの習得が必要であると示唆していたのかもしれません。




あと、この0.3%の話をされた時に言われたことがもう1つあります。

それは、何をするにも、どんな時でも、成功する可能性を0.1%ずつ高める努力が重要だということです。0.1%というのは比喩で、些細なことでもちょっとでも実現に向けて努力し続ける努力をする、ということです。ほんのちょっとの違いでも、それを延々と続けていけば大きな差になるわけです。

例えば、成功確率が0.1%の事象があったとします。これに対してちょっと努力をして成功確率が0.2%に上がったとします。これ1回きりだと1/1000と2/1000でほとんど差がなく、どっちもまず無理だという感じがしますが、1回だけの勝負ではなく、これから10回、100回、500回と続く勝負だった場合、常にちょっとだけ確率を上げる努力をしていくと、成功確率が下記のように大きく変わってきます。

・10回続けた時の成功確率
[1回の成功確率=0.1%] ⇒ 1.0%
[1回の成功確率=0.2%] ⇒ 2.0%

・100回続けた時の成功確率
[1回の成功確率=0.1%] ⇒ 9.5%
[1回の成功確率=0.2%] ⇒ 18.1%

・500回続けた時の成功確率
[1回の成功確率=0.1%] ⇒ 39.4%
[1回の成功確率=0.2%] ⇒ 63.2%


つまり、たった0.1%の差でも上げるいく努力をすれば、大きな違いが出てくる訳です。

さらに、こんな(500回続く)勝負が10セットあった場合、そのうち5回以上成功する確率は、
[1回の成功確率=0.1%] ⇒ 35.1%
[1回の成功確率=0.2%] ⇒ 88.2%

と、50%以上もの差が出てきます。さらにさらに、こんな勝負が100セットあった場合、そのうち50回以上成功する確率は、
[1回の成功確率=0.1%] ⇒ 2.0%
[1回の成功確率=0.2%] ⇒ 99.7%

と、もはや修復不能なくらい差が広がってしまいます。

このことは机上の空論と言えばそれまでですが、実際の世界でも完全な一発勝負というものはなく、全て細かいものの積み重ねです。受験勉強がいい例です。受験の時の筆記試験で受かるかどうか、ではなく、それまでの毎日の勉強時間や目標設定の積み重ねの結果が一度に出てくるに過ぎません。就職活動で内定をもらうだとか、彼女を作るとか、そういうことも結局はこれと同じことじゃないかなと思うのです。


コメント

  1. Cipher | URL | -

    Re:3%と0.3%

    これはパレートの法則と同根でしょうか?

    「言われてみるとそうだな、」
    と思ってしまう性質のあるものは
    だいたいが
    バーナム効果を利用してるんですかね

    いずれにしても
    モチベーション維持に使えるなら
    考え方としてはいいかもしれません
    新人騙してやる気にさせる手段に
    うってつけかもしれませんね

  2. shoe | URL | -

    Re: 3%と0.3%

    >しpへrさん
    うーんどうなんでしょう。誰でも当てはまるような(というか誰にでもできるような)ことではないですからねー。自己啓発の1つのメッセージという感じでしょうか。パレートの法則は実際の事象として現れてくるものなのでちょっと違うかもしれません。今回の話は3/1000とか3/100とか言ってて分かる通り、世の中の人みんなに適用できるものではないですから。

    どんなメッセージでも捉えようによっては有用なものになるし、ものは考えよう、ってやつでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shoecreams.blog77.fc2.com/tb.php/513-8eb287b9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。