スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡

2009年08月21日 00:02

新潟県人でありながら一生行くことはないだろうと思っていた佐渡についに行ってきました。


高校の友達が先生になっていて佐渡に赴任したのをきっかけに、一度くらい遊びに行ってみようと高校の友達みんなで行ってきました。正直なところ見るところも無さそうだし、私はあんまり乗り気ではなかったんですね。計画もほったらかしになっていてそのまま雲散霧消してしまうんじゃないかと思っていたんですが、直前になって友達から「宿予約したよー」と連絡があり、なんとか?実現しました。

新潟港から佐渡の両津港までは意外と距離があり、60kmくらいあります。時間もジェットフォイルというホバー船みたいのだと50分くらいで到着するんですが、普通に安い大型フェリーで行くと2時間半くらいかかり、気分的には飛行機で沖縄に行くような感じです。船はちょっと心配だったんですが、娘もまあまぁ大丈夫といった感じで、むしろ奥様方の船酔いの方が危険気味でした。

お盆でレンタカーの予約が取りづらかったんですが、個人でやってるような店で何とかワゴンを借りることができました。しかもなんとその店は学割料金があるということで予約をしてみたところ、お盆は学割適用外とホームページに書いてあったんですが、とりあえず申し込みをしてみたらそのまま通ってしまいました。借りる時も学生証の提示を求められることも無くあっさり借りれてしまい、人のいいあのおじさんの店は商売が成り立っているのか人事ながらやや心配です。


結局佐渡には金山と、尖閣湾という有名(らしい)海岸と、酒蔵と、あとトキセンターに行ってきました。

佐渡金山は砂金採り体験みたいのだったらどうしようかと思ったんですが、実際に掘られた洞穴の一部に入ることができました。中は意外と寒くて(12℃くらいしかなかった)おんぶされてた娘が凍えるかと思ったよ。ずーっとここで仕事をするのは大変だったろうなーと。実際ここに送られた人は平均して3年くらいしか生きられなかったらしいです。洞穴を出た後には展示館があって、観光地らしく金の延べ棒を触れるコーナーとかがありました。

酒蔵は真野鶴という酒を作っている尾畑酒造に見学に行ってきました。佐渡の酒は今まで全然飲んだことが無かったんですが、かなり美味いということなので、純米の原酒を自分のお土産に買って帰りました(値段も結構安かった)。昨日夕飯の時に飲んでみたんですが、かなり美味しかったです。〆張鶴みたいな感じ。飲みやすくて安くて良い酒なのですが、こっちで買うとそれなりに高いんだろうな。

あとトキセンターは娘が爆睡中だったので私は車の中で待っていたんですが、奥さんの話だと結構楽しかったみたいです。最近トキはだいぶ増えていて今100羽以上いるらしいんですが、やっぱり貴重な鳥で刺激しないように遠くからしか見れなかったらしく、それが残念みたいでした。私は奥さんが取ってきてくれたトキの骨の標本を見て楽しみました笑。最後の純日本産トキのキンさん(※成田きんさんではありません)も剥製になってて、写真を見た限りではかなりかっこいい。

sado2.jpg キンさん。
sado3.jpg だれかの成れの果て。


こんなわけで最初やる気が無かった割にはかなり満喫できた佐渡旅行でした。食い物もかなり新鮮な海の幸を食べることができ(特にイカソーメンが美味しかったです)、皆さんもやる気と機会があれが佐渡に行ってみてはいかがでしょうか。


コメント

  1. しpへr | URL | -

    大学のときいきました

    軽自動車しかかりられず、
    4人で車中泊1回して
    1週してきました
    やまの上にあった風呂屋とかまだあるのかなー
    ハッ、
    10年前か
    もうないかな・・・

  2. shoe | URL | -

    Re: 佐渡

    佐渡は時の流れが永遠なのできっとまだあると思いますw
    今回も、なんというか、昭和の香りをたっぷり嗅いできました笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shoecreams.blog77.fc2.com/tb.php/362-265cabaf
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。