スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋医学

2009年08月08日 22:13

夏休みに入って1週間が経ち、そろそろ活動開始ということでぼちぼちとまた勉強を始めています。

とりあえずテストは乗り切ったものの習得したとは言いがたい神経生理を何とかしようと思っていて、その後ぼちぼち解剖を一通り終わらせてから植物生理の概要くらいはやって、時間があればCBTにもちょっと手を出そうかなというところです。
まあ夏休みなので最低限解剖までできればいいでしょう。


というわけで、とりあえず前期の生理の内容で一番良く分からなかった、というか一番やる気の無かった(笑)東洋医学にちょいと手を出してみました。

東洋医学は講義でも4コマあっただけで、生薬の匂いを嗅いだり漢方薬を飲んだり自分で自分の手に鍼を刺したりしてたんですが、はっきり言って胡散臭かったわけです。体の中を気が巡るとか言われても、気?って何?とか思ってかめはめ波でも出してみてくれよという感じだったんですが、まぁとにかく科学的な説明は殆ど無いし怪しさ満点だったわけです。

なのでテスト対策も去年出た漢方薬の名前5種類だけ試験の10分前に覚えておいたんですが、結局テストには東洋医学の範囲が1問も出ず終わってしまいました。

というわけでこれでさよなら二度と出会うことはないだろうとも思ったんですが、さすがに医学生の身分でそれはまずいと思ってちゃんと東洋医学の入門の本を読んでみました。

・・・で、なんか面白いことを書こうと思ったんですが、オチがないんですよ。結局ぁゃιぃという私の懸念を払拭してくれることは無く、さらに独自路線を歩んでしまったという感じです。今の私の知識ではこれ以上理解することはできないようです。また4年生あたりでお会いしましょう。



(追記)鍼は科学的にもかなり解明されているようです。


コメント

  1. ぽん芋 | URL | -

    Re: 東洋医学

    あはは!かめはめ波って!!(爆笑

  2. shoe | URL | -

    Re: 東洋医学

    笑ってくれるのはあなただけです笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shoecreams.blog77.fc2.com/tb.php/351-35ddae06
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。