スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合併

2009年06月30日 02:22

何かいろいろ書きたいことがあったような気がしたんですが、駄目だ思い出せない。
書いているうちに出てくるかな。


とりあえずニュース系。
大証とジャスダック、来年4月にも合併へ

大阪証券取引所は、子会社のジャスダック証券取引所と来年4月にも合併する方針を固めた。来年10月をめどに大証の新興企業向け市場ヘラクレスとジャスダックを市場統合させる予定で、作業を円滑に進めるために組織の一体化を先行させる。新市場の名前は「ジャスダック」を残す方向で検討している。

-----------------------------

私が社会人の頃から合併するよするよと言われていたので、そんなに驚いたわけじゃないんですが、いよいよですね。

元々このグローバル時代に地方の証券取引所が必要なのかという話はありまして、実際新潟証券取引所なんかは無くなっちゃったし、札幌あたりもいつ合併してもおかしくないです。大証はオプションとかETFといった金融商品に特化してて、なにげにデリバティブなんかは東証よりも扱いが大きかったりして一応存在感を出していますが、新興市場向け(※1)がかなり死んでるので、ジャスダックとの合併はかなり大証側が積極的だったようです。

※1 ヘラクレスのこと。元々ナスダック・ジャパンという名前の市場だったのですが、ナスダックが撤退してグリーンだよの巨人みたいな名前に変わってしまいました。上場企業もあんまり多くない。


しかしまたシステム統合したりすると証券会社なんかは金がかかって大変です。取引所とか市場がたくさんあるとシステム更改の時にテストとか大変なんですが、いざ合併するとなるとまた億の費用がかかるだろうし、もういい加減東証1つに纏めてくれという気もします笑。まぁ大証は前述した金融商品特化とか、イブニングセッション(普通15時ごろ場が閉まるんですが、夕場を開いて20時ごろまで売り買いできる)やったりとか、東証との差別化をかなり意識しているので、これで東証・大証の2取引所に収斂していくのかもしれません。

というか、証券取引所が何かするたびに、その周りの証券会社とか銀行とかにえらい影響を与えるので、あんまり好き勝手に動くのはやめて欲しいというのが現場側の気持ちでしょう。こないだの株券電子化もそうだし、こないだ完了した(はずの)東証の次世代システム構築も、野村、大和、三菱UFJあたりは数10億~百数10億の更改費用がかかっているはずです。その辺の費用は最終的に結局顧客に返ってくるわけだし、システムを進化させていかなければいけないのは分かるけど、もっと無駄なく動いて欲しいです。とか言って私にはもう無関係ですが。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shoecreams.blog77.fc2.com/tb.php/321-3f25e431
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。