スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かゆみ

2009年05月18日 04:33

娘にミルクあげたら目が冴えたのでそのまま起床しました。どっちみち骨学の予習まだ終わってなかったしね。とか言ってブログ書いてるんですが。

結構前から娘があせもと言うか湿疹ぽいのが結構できてて、だいぶ痒がっていたので奥さんに医者に連れてって貰ったら飲み薬と軟膏を出してもらいました。飲み薬の方は名前を忘れちゃったんですが、なにせ飲ませる相手が赤ちゃんなので、おちょこみたいなのを少量を水に溶いてあげるんですが、いきなりあげても飲んでくれないので食事と一緒にして、何か食べさせた後に飲ませれば口を大きく開けてくれるので楽です笑。軟膏はキンダベート&プロペトって書いてあって良く分からなかったので調べてみました。概ね今日の治療薬からです。結局1週間ですっかり良くなって今は軟膏だけ塗っています。最初病院に行ったときはアトピーかもと言われたらしく焦ったのですが大丈夫そうです。


■キンダベート
・分類: 副腎皮質ストロイド(中程度 medium)
・一般名: 酪酸クロベタゾン clobetasone butyrate
・薬価: 41.70円/g (2007年)
・組成: 軟膏0.05%
・用量: 1日1~数回
・適応: アトピー性皮膚炎、顔面・頚部・腋窩・陰部における湿疹・皮膚炎
・禁忌: 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎、ベーチェットを除く潰瘍、第2度深在性以上の熱傷・凍傷
・副作用: 眼圧亢進、白内障、緑内障など
・特徴: 全身作用及び皮膚局所への影響は共に少ない
・コメント: ステロイドですが、かなり弱め(5段階中の下から2番目)で赤ちゃんに頻繁に出される薬のようです。適応に「顔面」という文字があることからも、影響はあまり気にしなくて良さそう。最初すべすべみるるを塗ってあげてたんですがちっとも良くならないどころか悪化してしまいました。適度な薬をうまく使うのがbestだという話ですね。

■プロペト
要するにワセリンです。保湿用途で副作用は殆どなし。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shoecreams.blog77.fc2.com/tb.php/294-dc741a4b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。