スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式1と2

2006年04月04日 02:34

前に日記に書いたとおり、先月は友達の結婚式が2件あって行ってきました。

ひとつは大学友人のスティーブとさちさん。
せっかく二次会のスピーチで、新郎の頭にはチタンが入っているんですよ!と嬉しそうに話をしようと思ったのに、披露宴の友人代表スピーチで隣の奴がロボットみたいにカクカクしながら言っちゃったから台無しだよもぅ。しかし披露宴では電話の受話器をのり付けしたりガスバーナーで火炎放射したりすることが両家の皆様に明らかになった新郎ですが、2次会では昔神童今普通の人とか何とかかんとかいやぁ友達に恵まれてるね新郎!
絶対俺の結婚式にはちゃんと人選しよう。

ふたつめは中学校の友達。
こっちは披露宴でのスピーチ模することになっていたのですが、何せ新婦の名前を聞いたのが式の1週間前だったので、内容よりも新婦の名前を間違えないか心配で心配で。
とか考えながら式場入ったら、なんか異常に年齢層が高い。座席表見たら新郎親戚!新郎親戚!新郎親戚!新郎ご近所!新郎親戚!新郎ご近所!おいおいこんな沢山の人の前で離すのかよと


誰も聞いちゃいねぇ。

あとから親に聞いたんですが、地方の結婚式はやっぱり飲み倒す傾向が強いらしく、最初の勤め先の社長の挨拶とかそういうの以外はもうしっちゃかめっちゃかになり易いそうです。俺の時はまだ良かったけど、後半新郎叔父かだれかが三味線弾いてた時は殆どBGMと化してた。というか新郎どっかの友人席に座って飲んでるし。

いやあでも幸せなのはいいことだ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shoecreams.blog77.fc2.com/tb.php/248-85176f14
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。