スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mindmap

2009年01月15日 23:59

今日も新潟は最高気温2℃でした。。。
何がまずいって家の中で息が白いのがまずい。起きるのはしんどいし手はかじかむし早く春になって欲しいの一念です。新潟から離れて10年、すっかり寒さに弱くなってしまままま。


話かわって4月になって勉強が始まると、当然講義を受けるわけですが、医学部の授業だと中身も濃そうだし、そもそも1回目の学生時代にあんまきちんと授業を受けていなかったので、どうも大学の(特に基礎科目の)ノートの取り方がわかりません(汗
それでも社会人やってたので、板書しなくても話の要点を捉えることはできると思いますが、医学の膨大な量と細かさを考えると、多少やり方を変える必要があるなと感じています。

そこで思い出したのが最近はやりのMindmap。
実は今までも使ったことがあります。ちょっと純粋なMindmapとは違うんですが、要するにイメージとして自分に定着させるというエッセンスをベースに、社会人時代に勉強するときに使っていました。ただ、Mindmapは基本的にビジネスユースの為のものなので、学問としても使用にうまくマッチするかどうかが分からず、ちょいと調べてみました。ロースクールの人とか好きそうだから調べれば勉強に使ってる例とか出てきそうだなと。


IMG.jpg(出典)ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術本,P30,アスキームック
イメージとしてはこんな感じです。これも何かの法律系の資格の勉強を想定して作成したもののようです。

076-077.jpg(出典)ドラゴン桜,7巻,P76-77,講談社
昔ドラゴン桜を読んだ時にこれが紹介されてたのを思い出しました。こいつはまさにビンゴです。

Mindmapは中心のテーマをビジュアルで表現するとか、色をたくさん使うとか、枝の太さで関係を表現するとか色々お約束があるんですが、日々の勉強で使う場合は作成効率も重要なので、このあたりをもっと工夫すれば実用に耐えそうです。とにかくインプット量がざけんなというくらい多いので、なるべく効率的にいかないと。もう年で記憶力もアレだし。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shoecreams.blog77.fc2.com/tb.php/22-9283c6a8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。