スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CBTの教科書・問題集 2of2

2012年03月24日 13:51

続きです。



4)リブロサイエンス
メジャーのみ10巻のシリーズで、CBTの範囲を大幅に超えています。逆にマイナーや基礎が無いため、これだけを解くのはCBTの勉強として不安が残ります。他の問題集が終わってから、メジャーの細かい知識の充填のためにこれを解くのは有用だと思います。本来は、臨床講義の各科の授業の時に並行して解いていくのが最も良い使い方なのかもしれません。やれば基礎力が身に着くのは間違いありません。



5)その他
とりあえずテコムとかのビデオ講座などは不要だと断言できます。たぶん模試も不要です。問題集だけで十分な得点に到達できますし、100点を目指すならCBTのための勉強だけでは足りません(※)。そういった勉強に手を出す時間があるのであれば、リブロをやるか、画像や心電図、診断学など将来必要になるような本を読んだりするのも一興です。

※そもそもプール問題は10000問以上あり、問題集や模試、ビデオ講座などですべて網羅できるわけがありません。CBTの後に本を読んでいて気付いたのですが、NEW薬理学のような基礎の教科書やハリソンなどから引っ張ってきたと思われる問題などもあり、限りなく100点を目指すのであれば、CBTとは関係ない普段からの絶え間ない勉強が必要だと思われます。



6)どの問題集を選ぶか
各問題集のメリット・デメリットを書いてきましたが、実際に何を選ぶかは難しい問題です。

上述したようにクエバンは解説そのものの質は良くないと思いますが、関連知識などポイントがまとまっていて、CBTの勉強としてやりやすいのは確かです。また、シェアはクエバンが圧倒的に多いため、クラスの友達と同じものを解くという安心感や、分からない問題などを話しやすいというメリットがあります。病気がみえるやイヤーノートを持っている人には見慣れた図が載っているため、問題集に取り掛かりやすい点も良いです。

こあかりは全体的な質は良いですが、クエバンのメリットがそのまま裏返しにデメリットになっています。また、問題数が多かったり解説がその問題のことに限定されていたりと、知識の整理がしにくい点が良くありません。個人的にはこあかりの方が好きなのですが、この点が非常に気がかりです。リブロはそれだけでは範囲が網羅されません。


結局のところ、どの問題集でもきちんと終わらせればCBTに落ちることはまず考えられません。十分な勉強をしたのに落ちてしまったり点数が悪かった場合は、問題集の選択と言うよりも勉強方法の方に問題がある可能性が高いと考えます(問題だけ解いて解説を読まないとか)。

出版社側もそのあたりを見透かしているのではないでしょうか。今、国試のクエバンを解き始めていますが、国試の問題集や病気がみえるや他の教科書、大学受験の問題集などと比べると、どのCBTの問題集も明らかに作りが杜撰です。どうせCBTなんか適当にやっても殆どの学生は受かるし、本を出せばみんな買うからとりあえず出版しておこう、というような思惑が感じられます(それはCBTの模試についても言えると思います)。この前も書きましたが、所詮CBTなど大学受験の勉強と同じです。CBTとOSCEの点数ですらほとんど相関しない(※)のですから、CBTの点数と医師としての良し悪しが関係するとは到底思えません。
※CATOの資料より


しかしそれでも、勉強しないよりはした方が良いのは間違いありません。そして、他に適当な勉強の教材がないのもまた事実です。では何を買うかですが、私個人としては下記をお勧めします。

・クエバン1~3巻+こあかりの連問エッセンス(+こあかりの最新復元問題)

最新のものである必要は全くなく、前年度のものを先輩やネットオークションで入手しても良いと思います。
基礎だけはCBTに出そうなポイントを押さえる必要があるため、うまくまとまっているクエバンが良いです。
臨床は、最低限問題集だけでも勉強できるクエバン、1つひとつ教科書を読みながら解いていけるならこあかりでも良いと思います(つまりクエバン2~3巻の代わりにこあかり3-IIと3-III)。
連問はこあかりが圧倒的に良いです。
最新復元問題は、実際には除外(プール問題にならない)問題が多数含まれていると考えられ、必ずしも買う必要はないと思いますが、買うならこあかりがお勧めです。

所詮、平均が80%近いテストです。何をやってもそれなりに勉強すればそこそこの点数は取れるはずですので、何でもいいから問題集をさっと1周する程度で切り上げて、画像診断とか診断学の本でも読んだ方がポリクリ以降の勉強になるような気もします。と言ってしまっては身も蓋もありませんが。



7)どの教科書を使うか
教科書は完全に人それぞれになってしまうと思いますが、逆に言うと何を使っても問題ないと思います。教科書なくても大丈夫だと思います。

ただし今後の事を考えると、臨床講義で教科書を買ってこなかった人は、何かしら買った方がよいと思います。ある程度教科書を読んで病態生理を理解したり関連知識を固めていった方が効率が良いです。問題集は間違いも多いし、治療法やガイドラインなど古くなってしまっているものもあります。

以下、箇条書きレベルですが自分が使ったもの、使えそうなものをご紹介します。

<メジャー>
・病気がみえるシリーズ
なんだかんだで、結局一番使いやすいです。細かな説明は載っていないこともありますが、病態生理や画像診断、鑑別診断など網羅されており使いやすいです。特に2.循環器、6.感染症・膠原病、7.脳神経は非常に有用です。新しく出た8.腎泌尿器も買いましたが、糸球体腎炎や酸塩基平衡などかなりうまくまとまっていると思います。

・ステップシリーズ
病態生理や治療法が詳しいため、問題を解いてからその疾患の個所を読むと非常に理解が進みます。下手な内科学書よりも詳しく、なぜその症候が生じるのか、なぜその治療を行い有効なのか、何気にどの教科書よりも分かりやすいと思います。循環器の不整脈や内分泌は特に説明が良いと思います。

・イヤーノート&イヤーノートアトラス
私は、最終的に(国試のレベルで)どこまで詳しい知識が必要かという点を確認するために使っていました。どっちみち5年生か6年生で買って勉強しなおすのであれば、CBTの段階から国試を意識して勉強するのは良いと思います。アトラスもメジャーな疾患の画像が網羅されておりかなり便利だと思います。レビューブックを買うのであればイヤーノートを買ってしまっても良いのではないでしょうか。

・画像系
国試対策用の画像診断コンパクトナビやゼッタイわかるシリーズなどは、4年生の段階でも十分に分かりやすいと思います。心電図も何か買って一度きちんと理解してしまうと良いと思います。


<マイナー>
マイナーはいいものがあまりありません。レビューブックマイナーは説明が少なすぎるため自分で書き込んでいく必要があるし、ステップも質にばらつきがあります。CBTでは、マイナーは本当に典型的な問題ばかりなので、問題集だけでも良いのかもしれません。



以上です。尚、CBTの得点率は90%強でした。一応の目標は達成できたと考えています。
スポンサーサイト

CBTの教科書・問題集 1of2

2012年03月23日 17:37

2月に受けたCBTについて、問題集と教科書のレビューをまとめてみました。私見ですがご参考にどうぞ。



1)自分が使用した問題集と解いた回数
・クエスチョンバンクCBT 1~4巻 … 3周
・こあかり 最新復元問題編 … 3周
・こあかり 連問編 … 解答を読んだだけ

クエバンの1~3巻は前年度(2011年)のもの、こあかりの連問編は3,4年前のものです。





2)クエスチョンバンクの評価

一般的な認識としてはクエバンの方が説明が多く、こあかりは問題数は多いけど説明はあっさり、というものだと思います。シェアは圧倒的にクエバンが上です。その点を踏まえて所感を。

クエスチョンバンクの強みは、それぞれの問題に該当する病気がみえるやイヤーノートの図や表を転載して載せており、問題に関連する周辺知識も確認することができることです。教科書を調べながら勉強する人にはあまり関係ありませんが、問題集だけで勉強する人にとってはかなり便利です。問題を解く際に必要な図や表が解説に載っているため、ポイントを掴みやすい点は非常に良いです。

一方、問題そのものの解説についてはあまり充実していません。クエバンは1つひとつの選択肢について○×の理由を書いていますが、その内容が「常識的に考えればわかる」などの解説になっていない内容であったり、「~なのはこの疾患しかない」のような鑑別疾患を完全に無視している内容がかなり多く見られます。

特に4連問の1問目はその傾向が強く、どうも試験の趣旨を理解していないような問題や解説が多いです。1問目は、受診した患者に対しての問診内容についての問題で、一番最初に聞くことは何か、一番重要性が低い質問は何かという問題です。通常の診療では基本的な事項(婦人科なら月経の有無や周期など)や、鑑別診断(疑った疾患の確度を高めたり、見逃してはいけない疾患を除外したり)のために必要な事項を聞くと思いますが、クエバンの問題では、最初の問題文の説明だけで疾患を特定してしまい、その疾患には無関係だから×、その疾患で重要だから○、と言ったような問題および解説が非常に多いです。先の婦人科の月経の確認ですら、これには関係ないから聞かないと言った趣旨の答えすらありました。あまりに多いので、4連問の1問目とはそういう趣旨の問題と思ってしまったのですが、こあかりやCBT模試の解説を読む限りではそうではないようです。とにかく、解いていて非常にストレスが溜まります。

また、問題文や解説の間違いもかなり多いです(私は30個所以上見つけました)。どうも、学生の記憶を頼りに集めた問題を吟味せずにそのまま載せている印象で、元の問題は1つだが違う学生が記憶を頼りに再現したらよく似た問題が2つできた、という感じの問題も見られます(しかもその2つで正反対の解説をしていたり)。学生アルバイトなどが分担して問題の解答を作成していると想像され、専門家が書いたとは到底思えない解説が見られます。

私自身も体験したのですが、(CBTの問題の内容は守秘義務があるため具体的には書けませんが)消化器系の門脈がらみの問題でどう考えても正答が2つあっておかしい…と思っていた問題が、なんと偶然CBTの本番で出題されてしまいました。実際のCBTの問題では矛盾なく解答が1つに導くことができており、おそらく問題再現時のミスをそのまま載せてしまったのだと思います。

それ以外にも存在しない薬物を選択肢に挙げたり、図に不備があったり、コアカリキュラムで出題範囲外とされている疾患を問題にしたりと、全体的に作りが雑な印象が強いです。



3)こあかりの評価
まず、こあかりに関して私がきちんと解いたのは最新復元問題編のみで、他は解説などを読んだのみという事をお断りしておきます。

こあかりの良いと思った点は、選択肢の取捨選択の理由が明快であることです。4連問の1問目などでも、鑑別疾患のルールに沿ってこれは合致しないから×、これは合致するから○と、解説を読んでいて理解しやすいです。上述のような、疾患を決め打ちしてこれは無関係だから×、と言った解説はあまりありません。臨床家や国試の専門家が解説を書いている感じがします。

またクエバンに比べると問題も精査されているという感じがあります。私は、最新復元問題はクエバンとこあかり両方解いたのですが、同じ情報提供者がいるためか1割くらいは同じ問題でした。しかしよく見ると問題文や図表に違いがあることがあり、その場合こあかりの方が問題として適切であることが多いです。

しかし、こあかりは基本的に各問題の解説のみであるため、手元に教科書を置きながら問題を解くことが必須です。また解説も図や表が少なく主に文章で説明しているため、ポイントを掴みにくい印象があります。特に基礎や臨床の基本問題は、問題に出た知識だけを覚えれば良いわけでなく、周辺の知識も含めて理解する必要があることを考えると、勉強の効率が悪くなる可能性が高いと感じました。

またクエバンと比べて一瞬で解ける問題が少なく、全体として問題の難易度が高いため、これまであまり勉強していなかった人が使うにはあまり適していないかもしれません。

分冊が多いのも難点です。下手に難易度別に本を分けたため、帰ってごちゃごちゃになってしまい費用も高くついてしまいます。





続きます。

2011.4.19病理小テスト

2011年04月23日 01:44

内輪の話ですみません。
4/19にあった病理の小テストの問題と答えをtextに起こしたので持ってってください。印刷するのがめんどくさいから笑
>チェンさんみっちゃん他

昨日と今日の小児外科の問題の答えは月曜日に持っていきます。





[2011.4.19病理小テスト]の続きを読む

好きになる心電図

2011年03月08日 01:24

社会人の皆さんこんばんわ、大学生の皆さんこんにちわshoeです。

春休みに入り時間ができ、今不整脈の勉強をしています。
今年度の講義は、妙に学問的だったり教官の好みのマニアックな分野な内容が多く、どうも勉強というとテストのために仕方なく勉強しているという実感があったのですが、やっと3年生も終わりました!バイバイ基礎医学!!というわけで、春休みは本当に必要な勉強をしようかなと。

とりあえず始めてみたのが不整脈関連で、心電図の読み方とか抗不整脈薬の薬理作用のあたりをもう一度きちんとやろうかなと。心電図は講義で1時間か2時間くらいさらっと触れただけで終わってしまったので、基本的なことだけでもきちんと読めるようになりたいなーとずっと思っていたのですが、学期中はなかなか時間が取れず春休みに。薬理学も別に学問としては嫌いじゃないので、きちんと臨床を踏まえた勉強をば。



それで、不整脈の勉強していて良い教科書(というかツール?)があるので、今回はそのご紹介を。

本ではなくDVDなのですが、ケアネットから出ている「もう迷わない!好きになる心電図」というDVDがあります。上下巻あるのですがとても良かったです。

循環器の講義をしているときはいくら心電図を見ても(というか、眺めても)何が悪いのか、というか何でこういう波形になるのかが全然分からなかったのですが、このDVDはすっと頭に入ります。細かい理論の話はしていないのですが、危険な不整脈とそうでない不整脈はどういうものか、不整脈の大事なポイントが分かる気がします。これと並行で教科書を読むと分かりやすいです!

うちの大学の方は図書館にあるので借りてみてください。ちなみに内容は先生+研修医?2人で問題を解きながら説明していくスタイルなのですが、左のお姉さんがめちゃボケ役で面白いです笑。大学の図書館で見ながら噴き出してしまいましたw



あともう1つは、こっちは知っている方も多いと思いますが、「らくらく心電図トレーニングDS」です。最近解剖生理学や症候診断のソフトも出ていて、そっちも評判がいいみたいです。

内容はこんな感じで、波形が表示されてそれが何なのかを4択で答える形式です。正直説明は少ないし、結局教科書を読まないとよく分からない内容も多いのですが、とにかくゲームということで気軽にできるというのがいいです。これをやりながら細かい内容を教科書で調べる、ってのはかなり良い勉強のしかただなと、自分でやりながら思ったり。

http://www.medica.co.jp/ds/series/rakuraku/images/img06_02.jpg



今はいい教材がたくさんありますよね。前の大学の頃の学習環境と比べると天と地の差です。









しかしそれにしても(以下不毛な愚痴なので続きから)
[好きになる心電図]の続きを読む

再up

2010年06月21日 23:48

なぜか分かりませんが、解剖のページ骨学のページのファイルが一部消えてました。。。再アップしましたのでどうぞー。
(指摘してくれた方、ありがとうございます)

解剖学試験用(スポッター編)

2009年11月02日 03:52

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

骨:追加

2009年08月17日 02:01

骨学用のプリントを追加修正しました。
本当は試験直後に修正し終わっていたんですが、利用価値のある方もいらっしゃるかもしれませんのでアップしてみました。→こちらから

組織学 各論2-2(内分泌・泌尿器・生殖器+関門)

2009年08月01日 14:14

最後です。このころはスケッチめちゃくちゃ大変でした。
[組織学 各論2-2(内分泌・泌尿器・生殖器+関門)]の続きを読む

組織学 各論2-1(呼吸器・皮膚・視覚器・聴覚器)

2009年08月01日 14:12

木曜日にあった組織学の各論2です。
もはや何のためにBlogに載せているのかよく分からなくなっている気もしますが、ここまでやったので最後まで。

量が異常に多いので2回に分けます。
[組織学 各論2-1(呼吸器・皮膚・視覚器・聴覚器)]の続きを読む

骨学試験

2009年07月20日 00:54

週明けは骨学のテストなんですが、神経の走行がどうにも覚えられません。かといって他のも覚えているわけではないんですが・・・。



自分の暗記用にプリントを作ったので、もしお使いになりたい方がいましたらどうぞ。
図はアトラスから借りているので、もし何か問題になりそうなら消去します。あと下のディスクレーマーを読んでからご使用くださいな。

1.脊柱・胸郭
2.上肢・下肢 その1 その2 その3
3.頭蓋
4.脳神経


・このプリントはうちの大学の試験用に特化しているので、あれが無かったりこれが無かったりすることがあります。
・図はプロメテウス解剖学アトラス(医学書院)を引用したものであり、全ての図の著作権は同社にあります。そういう意味も含め無断改変・転載はご遠慮ください。
・何か間違ってたら教えてください。
・全てのファイルのパスワードは、このBlogのタイトル(スペースを除いた英字8文字、小文字)です。


【更新履歴】
(2009/8/17)
・「1.脊柱・胸郭」および「2.上肢・下肢」の誤記を修正
・「3.頭蓋」に「頭蓋底を通る神経と血管」の項を追加
・「4.脳神経」の章を新規作成
(2010/6/30)
・「2.上肢・下肢」を3分割化
※複数の方からファイルが消えているとのご指摘があり、確認してみたところファイルの容量オーバーのため削除されていたようでした。以前は大丈夫だったので仕様変更があったのかもしれません。ご指摘くださった方ありがとうございました。

脳神経語呂合わせ

2009年06月22日 21:52

今日奥さん娘がいなくて暇なので脳神経の語呂合わせでも考えてみました。

(日本語)
⇒ 騎士道喝采ガガ何故芽吹くぜ

騎(き) 嗅神経
士(し) 視神経
道(どう) 動眼神経
喝(かっ) 滑車神経
采(さ) 三叉神経

ガ(が) 外転神経
ガ(が) 顔面神経
何(な) 内耳神経
故(ぜ) 舌咽神経
芽(め) 迷走神経
吹く(ふく) 副神経
ぜ(ぜ) 舌下神経


(英語)
⇒ おーっとアホバカじーさんばーさん

おー(ooo) oflactory, optic, oculomotor
っと(tt) trochlear, trigeminal
ア(a) abducent
ホ(f) facial
バ(v) vestibulocochlear

じー(g) glossopharyngeal
さん
ばー(vah) vagus, accessory, hypoglossal
さん



おまけ。
手根骨語呂合わせ。

⇒ 父さん月収大小ありあり有効利用

父(とう) 豆状骨
さん(さん) 三角骨
月(げつ) 月状骨
収(しゅう) 舟状骨
大(だい) 大菱形骨
小(しょう) 小菱形骨
あり(あり) 有頭骨
あり
有効(ゆうこう) 有鉤骨
利用

組織学 各論1(血液・リンパ・心臓・口腔・消化管)

2009年06月16日 06:18

[組織学 各論1(血液・リンパ・心臓・口腔・消化管)]の続きを読む

組織学総論テスト-2(結合組織・軟骨・骨)

2009年05月06日 08:23

思ったより勉強が進まなくてまずいですまずいです。とりあえず続きです。あと神経か・・・。



[組織学総論テスト-2(結合組織・軟骨・骨)]の続きを読む

組織学総論テスト-1(上皮組織)

2009年05月04日 00:04

GW明けに組織学総論のテストがあるため、せっかく休みなのにゆっくり休めません。。。明日友達の結婚式に呼ばれて3人で東京に行くため、むしろこの連休で疲れが増えそうです笑


組織のテスト勉強のやり方はどうしようか迷ったんですが、実習で時間をかけたせいか一通り覚えているので、今回はパソコン使ってまとめてみました。頭だけで勉強する科目だとあまりうまくないやり方ですが、組織の場合は実習がありinputの種類が多いので、むしろ効率的な気がしました。これが完全に講義だけの授業で記憶量が多いと、メモリーツリーみたいにしてイメージを作ったり工夫しないといけないですが。生化学がそのタイプなので勉強方法は今ちょっと検討中です。

という訳でまだあんまり進んでませんがとりあえず上皮組織のまとめをネタ代わりにアップするので興味のある方はどうぞ。あと結合組織、軟骨、骨、筋、神経と同じネタで5回引っ張れます笑




[組織学総論テスト-1(上皮組織)]の続きを読む

テスト勉強

2009年04月20日 20:33

明日、初のテストなんですが、今頃こんなの覚えてます。
というかもうゴロ合わせじゃないと覚えられません(汗


【脂肪酸】
ミニバス降りれん荒木さん

ミニ: ミニスチン酸(14,0)
バ: パルミチン酸(16,0)
ス: ステアリン酸(18,0)
降: オレイン酸(18,1)
り: リノール酸(18,2)
れん: γ-リノレン酸(18,3)
荒木: アラキドン酸(20,0)


【アミノ酸、非荷電極性】
アスパラ採ってる瀬口さん

アスパラ: アスパラギン、N、Asn
採: トレオニン、T、Thr
ってる
瀬: セリン、S、Ser
ぐ: グルタミン、Q、Gln
ち: チロシン、Y、Tyr
さん


【アミノ酸、非極性】
脂肪をガブリ、午後のフォワード

脂: C、システイン、Cys
肪を
ガ: G、グリシン、Gly
   A、アラニン、Ala
ブ: V、バリン、Val
リ: L、ロイシン、Leu
   I、イソロイシン、Ile
午後の: P、プロリン、Pro
      M、メチオニン、Met
フォワード: F、フェニルアラニン、Phe
       W、トリプトファン、Trp

※酸性アミノ酸と塩基性アミノ酸は自力で覚える。
・酸性アミノ酸
  : アスパラギン酸、D、Asp
  : グルタミン酸、E、Glu
・塩基性アミノ酸
  : リシン、K、Lys
  : アルギニン、R、Arg
  : ヒスチジン、H、His


【必須アミノ酸】
①トロリーバス不明、アヒ!
ト: トリプトファン、W
ロ: ロイシン、L
リー: リシン、K
バ: バリン、V
ス: トレオニン(スレオニン)、T
不: フェニルアラニン、F
め: メチオニン、M
い: イソロイシン、I
ア: アルギニン、R(幼児・子供期のみ)
ヒ: ヒスタミン、H

②バスト振り色目H+α

バ: バリン、V
ス: トレオニン(スレオニン)、T
ト: トリプトファン、W
振: フェニルアラニン、F
り: リシン、K
い: イソロイシン、I
ろ: ロイシン、L
目: メチオニン、M
H: ヒスチジン、H
α: アルギニン、R(幼児・子供期のみ)


来週から骨学実習ですが、骨はエロネタ満載らしいです笑。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。