スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験

1999年10月01日 01:25

半徹夜だった。
実験があった。ペアが休みだったので1人でやった。
体育があった。
飲んだ。
今日は疲れた。


--------------------------------------

2年の後期の実験はたしか理工学基礎実験で、工学と化学全般の実験を一通りやりました。フーリエ変換とかオシロスコープとかもこの時に初めて扱ったんじゃなかったかな?今なら実験は真面目にやるんですが、当時は目的意識も無かったせいか、過去レポ見て終わらせられるものはささっと終わらせてしまうような、そんな軽い感じでした。

今の大学の名簿は留年生も混ざってしまいますが、前の大学は名簿が学籍番号順だったので、留年生=入学年が早い=学籍番号が早い、というわけで名簿の先頭に来ていまして、50音順でほとんど無敵な私の苗字のせいでいつも実験パートナーは留年生でした。

この時の実験は2人一組が基本構成で、パートナーもやっぱり留年生のイワタくん(仮称)でした。聞くと2浪2留の4つ上だということで(医学部と違って年上の同級生はあんまりいない)、最初はちょっとビビっていたんですが、すぐに仲良くなりました。この実験ももう3度目(笑)だということで彼と一緒だと非常に実験もスムーズに進められたのですが、実験にすらあんまり来ないというのが非常に問題でして、この時も1人で実験するといういじめに遭ってしまっていました。

2年後期の実験は、寝坊して遅刻したことがある唯一の実験で、1限の朝9時スタートだったんですが、起きたらその時点で9時過ぎていたんですね。これはヤバいと思ってともかくイワタくんだけには連絡しておこうと思って電話したら「俺も今起きた」という返事がありまして、あきらめて実験中に一緒に飯を食いに行ったよ。

そんなイワタくんですが、留年していた原因の1つが、1年生の必修科目だった情報処理入門を落としていたことでした。この授業はメールの使い方とか、wordとかexcelとかパソコンの基本的な使い方を習うというもので、レポートを作ってメールで教官に送るというのが期末試験代わりの課題でした。んで、イワタくんはやっぱりこのとしも授業には出ていなかったんですが、再履修を落とすと即留年になるため、期末の課題だけは何とか出そうとしてたらしく、課題の提出日に電話がきました。「課題終わったんだけどメールの出し方教えてくれない?」「え?メール使ったことないの?アカウント登録してる?申請してないとメール使えないよ?申請してから使えるまでに1日かかるけど・・・」「え?」「え??」


その後イワタくんがどうなったかは知る由もありません。
スポンサーサイト

闖入

1999年09月26日 00:40

部屋の大掃除その他で一日が終わった。
よるすぐそばでバイクがうるさいのでなんだと思ったら友達が窓から入ってきた。
びっくりした。


--------------------------------------

記念すべき初めての日記です。

当時(前の大学の)2年で、周りでホームページを作るのが流行っていて、いっちょ自分でも作ってみようかと思ったのがきっかけでした。まだBlogとかmixiなんてものはなかったので、自分でhtmlを勉強してWeb上のスペース(geocitiesとか)借りてせっせと作ったものでした。まだコンピューターというものをあまりよく理解していない頃でしたが、その後コンピュータへの道を進んでいったのもこれがきっかけです。

この日は多分まだ夏休みで、突然友人のオーゼキくんがハーレーだったかワルキューレだったかイントルーダーだったかに乗って遊びに来たのでした。彼はいつも窓からうちに入ります。10年前の出来事です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。